asobi基地メンバー紹介

<本部メンバー>

小笠原 舞

asobi基地 代表

小笠原 舞(保育士起業家 / 合同会社こどもみらい探求社 共同代表)

幼少期に、ハンデを持った友人と出会ったことから、福祉の道へ進む。
大学生の頃ボランティアでこどもたちと出会い、
「大人を変えられる力をこどもこそが持っている」と感じ、こどもの存在そのものに魅了される。

20歳で独学にて保育士国家資格を取得し、社会人経験を経て保育現場へ。
2012年 すべての家族に平等な子育て支援をと考え、「asobi基地」を立ち上げ、翌2013年には「合同会社こどもみらい探求社」を設立し、独立。
子育ての現場と社会を結ぶ役割を果たすため、子どもに関わる課題の解決を目指して、常に新しいチャレンジを続けている。

合同会社こどもみらい探求社:http://kodomo-mirai-tankyu.com/

小澤 いぶき

asobi基地 副代表

小澤 いぶき(こども精神科医)

NPO法人PIECES代表理事。児童精神科医/東京大学先端科学技術研究センター研究員。
医学部医学科卒業後、精神科医を経て、児童精神科医として複数の病院で勤務。トラウマ臨床、虐待臨床、発達障害臨床を専門として臨床に携わったのち、NPOを立ち上げる。
東京都、島根県、新宿区等、多数の自治体のアドバイザーを務める。2015年より、さいたま市の、インクルーシブモデル立ち上げ、開発のアドバイザーを務める。2016年TED×Himiにてスピーカーとして登壇。2016年、 Fish Family Foundationのプログラムの4名に推薦され、ボストンにて研修を受ける。2017年3月世界各国のリーダーが集まるザルツブルグカンファレンス招待され、子供のウェルビーイング達成に向けたザルツブルグステイトメント作成に関わる。

NPO法人PIECES:http://www.pieces.tokyo/

よしおかゆうみ

asobi基地 顧問・アドバイザー 

よしおかゆうみ(ファミリー心理カウンセラー / 子育て・教育アドバイザー)

専門は発達心理学・家族心理学。東京都の幼稚園に20年の勤務経験あり。後年は、新人教諭や保護者対象の講師を担当する傍ら、思春期カウンセラーとして子どもたちやその家族に関わる。このときに乳幼児期と青年期までの連続性、子育てにおけるコミュニティーの大切さに気付き、独立。
現在は、子育ての土台となる夫婦関係について研究を深め、結婚前後のカップルカウンセリングやパートナーシップの講座にも力を入れる。
一方で、ジュニアゴルフ協会のメンタルスクールを主宰し、トレーナー・講師として国内外遠征に帯同し、思春期アスリートの心身をサポートしている。

マインドパワー&ハッピーマジック:http://air.ap.teacup.com/yuumi/
一般社団法人 アジアジュニアゴルフ協会:http://www.ajga.jp
著書『男女の脳はすれ違うようにできている』(枻出版社):書籍詳細

<事務局メンバー>

宮田真知

宮田 真知(会社員)

都内IT企業勤務。教育学部卒。大学生の頃から家族サポートの活動をしており、就職を機にasobi基地に出会い、理念に共感して参加。子育てはまだ将来のことと感じている働く女子と、子どものいる家庭の距離を縮めたいと思いながら活動中!2015年ロンドン留学を経て、社会の問題や気になる話題をみんなで気軽に話し合うコミュニティ活動TOKYONISTを主催。

関 祐三子

関 祐三子(会社員)

普段は広告代理店勤務。紙媒体の原稿修正や入稿作業でmacと向き合っている。昔から子どもが好きで、働きながら保育士とチャイルドマインダーの資格を取得。休日を使って保育園やベビーシッターの仕事も経験したが、もっと自由に子どもたちと関わりたくてasobi基地の活動に参加。いろいろな人に出会う喜びや、毎回発見や気づきがあるasobi基地にすっかりはまり今に至る。5人兄弟の真ん中で、みんなが楽しそうにしている中にいるのが好き。今後は、人と人とがつながること、そして笑顔が伝染する場づくりに貢献したいと考えている。

寄金 佳一

寄金 佳一(個人事業主)

子育てしたいがために会社を辞め、働き方の自由を求めて、個人事業主に。「遊び」と「仕事」を完全一致させるスタイルで、日本最大のディズニーWebメディアのディレクター、親子キャンプ情報メディア&スクール事業などを手がける。妻・子どもたちともども、第1回asobi基地イベントに参加して以来の、asobi基地常連ファミリー。現在、asobi基地アウトドア部・部長として、年間のべ200名以上のファミリーを、アウトドアに連れ出す。

早乙女祐基

早乙女 祐基(会社員/NPO法人理事/二児のパパ)

元スクーバダイビングインストラクターで、東日本大震災を機に漁業支援を行うNPO法人を設立。湘南に一年間居住したことを機に、江ノ島清掃・藻場保全活動も開始。普段は広告会社勤務。自身の子供が生まれたことを機に共生社会の実現に向けた活動に興味を持ち、パラスポーツやLGBT関連の業務に携わる。保育の事は無知だったが、偶然知ったasobi基地は父親として、大人として楽しみながら子育てをする上で必要な場所だと感じて参加。親子ともに気づきの場、成長の場として求めながらも、大家族の心地よさに浸っています!

藤田奈津子

藤田 奈津子(会社員/二児の母)

出産と東日本大震災を機に、個人的にボランティア活動に参加。さまざまな社外のコミュニティ活動に関わるようになる。asobi基地で、母としてだけでなく一人の大人と一人ひとりの子どもとして認め合える仲間に出会い、活動が加速!自由奔放なムスメとムスコを連れて、可能な限りどこへでもサポートスタッフや参加者として参戦してそれぞれの場を楽しんでいます。
たくさんの人が繋がって、育ちあえるasobi基地が大好き!

<専門家サポーター>

山口 有紗

山口 有紗(小児科医 / 児童精神科医)

小児科医、児童精神科医。
目指しているのは、「子どもとその周囲の人たちが、少ししんどい時にこそ、安心してつながることのできる社会」
高校を中退後、英国のインド人病院でボランティアを行う。 日本で児童養護施設や不登校の子どもと関わりながら大学入学資格を取得。立命館大学国際関係学部で開発協力を学び、約30の国や地域を歴訪。 山口大学医学部に編入し、医師免許を取得。
国立国際医療研究センター病院、東京大学医学部附属病院、茅ヶ崎市立病院を経て、現在は国立成育医療研究センターこころの診療部を拠点として、児童相談所、地域の精神科デイケアなどで子どもと家族の精神保健に携わっている。

鳥生 尚美

鳥生 尚美(弁護士 / 二児のママ)

穏やかな瀬戸内海の近くで、老人ホームや養護施設を訪問したり、「ひまわり号」のお手伝いをしたりと、お年寄りやハンディキャップがある人もそうでない人も一緒に楽しむ場を作る母の活動に日常的に接しながら育つ。他方で、活動と関わりのない周囲の人の感覚と自分の感覚との間にズレを感じ、その違和感について考えるうちに、「自分は困っている人を手助けできる人になりたい、そういう仕事をしたい。」と考え弁護士を志す。 司法試験合格後は、都内の法律事務所で勤務した後に、弁護士不足の地域に日本司法支援センターが開設した法律事務所の常勤弁護士として鹿児島県奄美大島に赴任。その後、立川市において法律事務所を開設。現在は、夫婦・親子など家族に関わる事件を中心に業務を行いつつ、小中学校への出前授業などの法教育活動を行っている。 子どもたちとともにいろんな人・もの・場所と出会うため、asobi基地に通う二児の母でもある。

あけぼの綜合法律事務所:http://akebono-sogo.jp/

<デザインチーム>

Ricco.

Ricco.(アーティスト / 一児のママ)

asobi基地キャラクター「ピカロ」の産みの親。
小さなころからものつくり、絵が大好きで日々制作中 女子美術大学デザイン学科2005年卒業。在籍時にカフェ『Yoro-Ri』を開業し、 お店でのんびり絵を描きながらたくさんの貴重な出会い、時間を過ごしていた中、 店に飾っていた自身の絵がきっかけとなり、イラストレーションの仕事がスタート。 以降、空想の淡い世界と、煌めいた色合いの作品を様々なメディアで多数発表。 iphoneアプリ『Ricco2』が発売中☆広告、商品、PVや雑誌等のイラスト制作の他、 近年では、幼稚園での創作ワークショップ、イベント会場での似顔絵パフォーマンス等、 多様な創作活動を展開する中、刺繍やビーズ等の素材を用いたミクストメディア作品も制作しています。

Ricco.Coウェブサイト:http://ricco-co.com/

鷲巣 弘明

鷲巣 弘明(会社員 / イラストレーター / 一児のパパ)

一児男子のパパ。asobi基地の挿絵イラストやデザインを担当。東京のすみっこを活動拠点にしており、なかなか現場に赴くことができないため、遠隔でデータや冊子などの制作面からasobi基地の活動をサポート。仕事、子育て、日常生活のキャッチフレーズは「真正面 やわらか 丁寧 ひとひねり」

かもめデザイン HP:http://www.washizukami.com

加藤 小百合

加藤 小百合(デザイナー)

グラフィックデザイナーとして、飲食企業に在籍。子供達と触れ合い、「アソビ」から生まれる子ども達の創造性や世界観の素晴らしさを体感し、「asobi基地」のグラフィックデザインを担当 。

吉森 太助(アートディレクター / グラフィックデザイナー / イラストレーター / ニ児のパパ)

広告代理店勤務の傍ら作家としてイラストやデザインの作品を作る二児の父。

asobi基地のみんなの友達

ピカロ

ピカロ(スペイン語で“いたずらっこ”という意味)

性格:好奇心旺盛
口ぐせ:『なんで?』『やってみたい!』
好きなこと:いろんなものを逆さまに見ること
住んでいるところ:ピカロ星(この星の特徴は、まっすぐ見るもの、さかさにみるもの、どっちもほんものであたりまえがない世界。住んでいる人は皆、逆立ちしてもシルエットは同じ。)

pagetop